カラーコンサルティング

色彩とは人間を中心に考えるものである

色彩とは人間を中心に考えるものである

カラーコンサルタントとは?

1934年、シカゴで世界初のカラーコンサルタントが誕生しました。

彼の名はフェイバー・ビレン。色彩の権威者です。
色彩心理学やカラーセラピーの本を読んだり、調べたりした方はこの名前に聞き覚えのある名前かも知れません。

アメリカ・シカゴの画家の息子として生まれたビレンは、シカゴ大学で色彩学を学ぶ中で色彩から様々な反応現象を起こす《人間そのもの》興味を持ち研究をはじめます。彼は研究の成果として、《色彩》が私たちの生活をサポートし、《色彩》が私たちの心と体のさまざまな問題を解決してくれることを明らかにしてくれました。

1934年、彼はシカゴの事務所ではじめて「カラーコンサルタント」と名乗り、個人・企業・政府を対象とした「カラーコンサルタント」という職業を生んだのです。外科医が着る手術着を血の色の補色である青緑色に変えたのも彼の大きな功績のひとつです。

フェイバー・ビレン
ハインリッヒ・フレイリング博士

これら功績にならい、プロのカラーコンサルタントを養成するカリキュラムが、1957年オーストリアのザルツブルグ大学心理学科教授であったDr. Heinrich Freiling(ハインリッヒ・フレイリング博士)によって確立されました。

そこから生まれたのが、IACC(International Association of Color Consultant)、国際カラーコンサルタント協会です。

フレイリング によって確立されたカリキュラムは「カラーは装飾のためだけにあるのではない」 を合言葉に、イメージではなく、「人を心理的にも生理学的にもサポートするカラー」を合理的に論理的に選択できる能力を身につけていきます。芸術家ではなく、むしろ「環境心理学」と「ビジュアルコミュニケーション心理学」に卓越したものとなっています。

フレイリングはフェイバー・ビレンの盟友であり、またスイスの精神療法医であるマックス・リュッシャーのライバルでもあります。彼らのカラーに対する情熱とあくなき探究心は、この21世紀にも大いなる遺産として受け継がれています。

ハインリッヒ・フレイリング博士

色彩と共に

色は、人が見ることに
よってのみ存在する。
つまり、純粋に人間の
生産物である。

人間中心主義のIACC色彩学は、色彩そのものを中心と考える一般色彩学とは大きく異なります。すなわち、色彩とは人間を中心に考えるべきものであり、色彩そのものにフォーカスするものではないということです。

IACCカラーコンサルタントは、建物のインテリア、エクステリアのカラーデザインをはじめ、カラーマーケティング、カラー心理テスト、カラーセラピーとヒーリング、パーソナルカラーとイメージコンサルタント、パーソナルからパブリックまでのありとあらゆる色彩に関する相談者であることを目指します。

IACC哲学

「カラーは人が見ることによってのみ存在する。つまり純粋に人間の生産物なのだ。」
すなわち、カラーとは人間を中心に考えるべきで、カラーそのものにフォーカスするものではありません。

「色彩」とは学際学問(多くの分野にまたがる学問)です。かの有名なニュートンもゲーテも色彩学者ではありません。
色彩学という学問は存在せず、伴って色彩学者も存在しないのです。

「カラーを学ぶことは人間を学ぶことである。」
色をより人間のために使うには、色彩の知識だけでなく、視覚人間工学や、環境心理学、神経医学や色彩心理学を最低限学んでおくべきです。

「カラーデザインの知識と一般色彩学の間には、とても大きなギャップが存在する。」「人間のことを学べばカラーデザインの真の意味が理解できる。」

「カラーはただの装飾以上のものである。」
色をただの装飾だと思っているうちは色の上辺だけしか捉えられていないということです。人間の眼を、人間の心理を知ることがとにかく大切です。

「究極のカラーセラピーは環境のカラーデザインである。」
カラーセラピーは占い類だと思われています。どんな色彩環境で過ごしているかが人間の心身に多くの影響を及ぼすことを知りましょう。

「科学と芸術の融合」
主観性の強い「美的価値」だけでカラーデザインを考えるのではなく、科学が明らかにした人間のことを考え、人間中心主義でカラーデザインをする方法を学びます。

カラボの強み

色彩事業に従事し20年目

色彩事業がスタートし、20年目を迎えました。これまでに7000以上のプロジェクトに携わってきたプロフェッショナルとして、その経験を活かしたアドバイスをします。

ユーザーのための色彩

ご依頼いただく以上、直接的なクライアント目線も大事ですが、あくまでも実際に利用するユーザーの目線を1番大事に設計しております。

すべてがコンサル対象

すべての分野に置いて色彩が軸となりますが各分野ごとにプロがおりますため、ヒト・モノ・コトすべてのカラーコンサルが可能です。

お手伝いできること

パブリックカラー分野

環境色彩

  • 環境心理学とカラー
  • 視覚人間工学
  • 神経心理学とカラー
    • 介護施設
    • 医療・歯科
    • 学童・保育
    • スモールオフィス
    • パブリックスペース(食堂・通路など)
    • 公共性のある建築物のエクステリア

商業色彩プランナー

  • カラーマーケター
  • マーケティングカラープランナー
    • パッケージカラー
    • CIカラー
    • 色と形(ゲシュタルト心理学)
    • ビジネスコミュニケーションとしてのカラー
    • 商業用インテリア
    • 賃貸住宅の色彩設計

プライベートカラー分野

カラーサイコセラピスト(心理学と光療法)

  • サイコフィジカルセラピー(心と体のライフバランスアドバイザー)
  • カラーによるメンタルケア
  • Dr.フレイリングのアフターイメージ療法
  • 共感覚療法
  • フランク・マンケのカラー心理テスト
  • リュッシャーコンフリクトテスト
  • 光療法(SAD・メラトニンとセロトニン・赤色LED)

パーソナルカラーとイメージコンサルタント

  • ヨハネス・イッテンとパーソナルカラー
  • シーズントーンという考え方
  • CRR(カラーリフレクションリーディングとシーズンカラー)
  • プライベートインテリア
  • IACCカラーテスト
  • シーズンとシーズンインテリア

代表メッセージ

色彩の世界に足を踏み入れてから、早23年になります。

スタートは、多くの人と同じ「色彩検定」でした。当時大学生だった私は、友達と一緒に軽い気持ちで資格対策の授業に参加し、考えもしなかった広く深く、人々の生活を大きく変える力のある色彩の世界を知りました。IACC(アイエーシーシー/国際カラーコンサルタント)日本協会代表である橋本俊哉先生、そしてIACC2代目代表であったフランク・マンケ先生に直接師事し、色彩に関する多くのことを学ばせていただきました。

しかし、色彩を知れば知るほど、人々の色彩への意識の低さや軽視している現実とぶつかります。また色彩検定やカラーコーディネーター検定、色彩士検定など色彩に関するさまざまな資格はあれど、インプットがメインの資格がほとんど。実務に100%活用できる人はほんの一握りという悲しい現状を目の当たりにしてきました。

色彩によって嬉しい効果、恩恵を受けるほとんどが人間です。色彩自体を中心に学ぶ一般色彩学を学んでも、実際に活かすには大切なものが抜けているのです。それこそ、まさしくヨーロッパ発祥の世界的な国際資格であるIACCが提唱する哲学の1つである「カラーを学ぶことは人間を学ぶことである」。色彩を私たちの生活に活かすためには、色彩の影響を受ける人間を知る人間中心で色彩をどう活かすかを学ぶことが重要です。

色の力を知らないことは損。
生活の中で身近にある色の持つ意味や力、カラーの重要性をもっと皆さんに知って欲しいと思っています。

色には、生活を楽しく、豊かにする効果があります。また、色によって生産性が上がったり、仕事の効率性が上がる、マーケティング効果で売れ行きがあがるなど、その効果は感覚的なものではなく、統計学で数字としても現れています。

色を知って、取り入れることでその人自身の考え方も豊かになり、世界全体が豊かになっていく。そのために、より日本中、世界中に色が広まっていくことを願っています。

株式会社カラボ 代表取締役
カラボ色大学 学長
立川 弘幸(たちかわひろゆき)

ご依頼内容の規模によって異なります。1週間から1か月以上にわたることもあります。ご希望の期日に関しましても、ご依頼時に一緒にご相談くだい。

ご依頼内容の規模によって異なります。簡単なヒアリングを行い概算金額の提示を行うことも可能ですので、お問い合わせください。

色の仕様と、色の仕様の根拠を支持する文書を納品物といたします。統計が必要な場合は、対象となる統計データも一緒にご提供いたします。ファッションやメイクのご提案の場合、直接、もしくは文章で商品をお伝えする場合もございます。ご希望の納品形態がございましたら、ご相談ください。